GLAD STORY

“GLAD to meet you”

グラッドホテルの使命は、「うれしい」、「有難い」、「喜んで~しようとする」という意味を持っている“GLAD”という単語から始まりました。 『GLAD』その本来の意味のように、グラッドホテルは、ライフスタイルホテルの先頭走者としてお客様により楽しい経験をプレゼントしようと最善を尽くしているホテルブランドです。グラッドは、大林グループが自主開発したホテルブランドであり、「実用性と親近感」を核心価値として同種業界で差別化されたポジショニングを構築しています。 特に大林グループの系列会社が事業企画と開発からホテル施工および運営に至るまで全て自主的に解決できるバリューチェーン(Value Chain)を構築し、シナジー効果を生み出しているのが特徴です。 多様なホテル施工実績を保有した大林産業と(株)三湖がホテル施工に参加しており、約40年間ホテルを運営してきた吾羅観光(株)のノウハウと人材をホテル運営に活用しています。グラッドホテルは、2014年、実用性と親近感を核心価値とした『グラッド汝矣島』の開館を始め、2015年は済州地域特有の感性が込められたFull Facility基盤の『メゾングラッドチェジュ』、トレンディで力動的な若さをモチーフにした『グラッドライブ江南』まで、今の時代の多様なライフスタイルを反映してブランドラインナップを拡張しました。従来の定形化されたホテルから脱皮し、日常の中で特別さを感じられるようにデザインされたライフスタイルホテル、グラッドホテルで自分だけのパーフェクトなひと時を楽しんで見てください。

LIFESTYLE DESIGN

まさにお客様の家のように居心地よくお過ごしできるライフスタイルホテルです。

実用性と居心地の良さはグラッドホテルが追求する価値と哲学です。必要なものはさらに忠実に備え、不要なものは果敢に排除しました。便利なアクセシビリティと家より居心地良い客室でお客様に快適な休息を提供し、地域の特色が感じられるデザインと付帯施設、そして親切なサービスでお客様に楽しい思い出をプレゼントします。

Comfort グラッドホテルの全支店は、駅勢圏に位置しており、便利な交通アクセスを誇ります。お客様のアクセシビリティに気を配りながら地域の特色に合うブランドを適用しました。済州島で一番最初に会えるFull Facilityホテル、メゾングラッドチェジュをはじめ、実用性を考慮したグラッド汝矣島とグラッド麻浦、トレンディなエンターテイメントに重点を置いたグラッドライブ江南など、全て地下鉄駅から徒歩5分以内に位置しております。また、グラッド系列ホテルの全客室は、最高級寝具とプレミアムマットレスが提供されており、お客様のご要請に合わせたオーダーメード枕をご提供することでお客様一人一人の嗜好に合う安らかな睡眠環境を提供します。

New Experience グラッドホテルは、ホテルごとに各地域の特性が生かされたコンテンツを紹介してます。地域の特性とお客様のライフスタイルによって付帯施設およびフードメニューの構成や職員の専門性まで設計しました。「グラッドマン(GLAD MAN)」は、グラッドホテルならではの親近感あるサービスを 提供します。親しい近所の人に話しかけるような信頼感と穏やかさを伝えます。お客様一人一人の嗜好と状況によって自然で思慮深い応対をすることで、既存ホテルとは差別化された経験を提供します。

Design Language 機能と目的を考慮した実用性と美的感覚の価値を兼備したグラッドならではの特色あるデザインは、グラッドブランドの価値と言えます。ただの飾りではないお客様と疎通するデザインは、お客様に対するグラッドだけのコミュニケーション手段です。基本に忠実したデザインは、品格あるグラッドカルチャーの第一の関門です。また、価値の高い芸術作品(フィンユール、トロイカ、ペク・ナムジュンなど)をホテル空間に配置することでお客様の芸術的なニーズに合わせたホテルを追求し続けます。更に、大林美術館との連携を通じて美術文化の紹介ルートをお客様に提案し、多様なコンテンツを楽しめる機会を提供します。